男性不妊専門医のブログ~男性不妊症の原因とその検査・治療のこと

男性不妊専門医のブログです。男性不妊の検査、治療などを紹介していこうと思います。

東京の病院の泌尿器科で働く男性不妊専門医です。よろしくお願いいたします。

男性不妊の検査はどこで?男性不妊専門の病院、泌尿器科

男性の精液検査は、不妊治療を行う施設はじめ、泌尿器科で受けることができます。

ただ、検査後に不妊治療が必要となることも念頭に置いた場合は、夫婦で不妊治療を専門に行う施設で、揃って検査を受けてもいいとおもいます。

ただその検査で男性に不妊原因があると診断された場合には、さらに男性の治療や手術が必要となり、泌尿器科を受診する必要がでてきます。

通院先の院内に泌尿器(男性不妊専門)外来があれば院内で、あるいは連携する泌尿器科、または男性不妊専門のクリニック、専門外来のある病院、もしくは泌尿器科医の生殖医療専門医のいるクリニックなどへ受診することになります。

最近では、スマートフォンのアプリで射精精液中の精子を見ることもできますので、自分白身の状態を知るきっかけとして活用してみるのもいいかもしれません。

しかし、精液検査は、精液量や精液量に対する精子の数(精子濃度)などの数値も大切ですが、生きている精子
がどれくらいいるのか(生存率)、そして子宮、卵管へと泳いでいける精子(運動精子)がどれくらいいるのか、質を診ていくことも重要みたいです。(精液量や精子濃度などがわかっでも、運動精子が少なければ自然妊娠は難しい問題となってくるから)

男性不妊の検査は精液検査を早めに受け、必要に応じて泌尿器科などの紹介先等で触診やエコー検査、血液検査などを専門的に受けていくのがいいと思います。


精液検査は、不妊治療を行っている産婦人科で受け付けていますが、男性は産婦人科に行くことに大きな抵抗を感じると思います。精液検査だけであれば本人が病院に行かなくてもよい方法(自宅で採取してパートナーが持参)もあるので確認してみると良いと思います。

また男性の精子は、生活習慣やストレスの影響をとても受けやすいです。「検査を受ける」ということだけでもプレッシャーを感じて精子の質が悪くなることもあります。だから、検査を受ける場合は、1回の検査結果だけを見て落ち込む必要はないということを知った上で検査に臨んでください。

漢方薬局で教えて頂いた男性不妊の改善方法

通っていた漢方薬局で教えて頂いた男性不妊の改善の方法を紹介します。

精子の状態は、全身の健康状態によってつねに変化しています。

不摂生をすればてきめんに精子にも影響があらわれますが、ちょっとした心がけで男性不妊が改善される可能性もあります。

元気な精子がどんどんつくられて、いい状態が保てるように生活習慣をよくすることが必要です。


お酒やタバコを控える

お酒の飲みすぎやタバコは、精子の質の低下につながる可能性が高いので控える。とくにタバコは精子の奇形率、数の減少、運動率の低下すべてに影響を与えるようです。

酒は百薬の長ともいわれますが、精子への影響は別。昔、中国ではお酒を飲んだら絶対にセックスをしないという言い伝えがあったほど、精子にはよくないとされています。


■下半身の締めつけ、蒸れに気を付ける

精子は暑さに弱いので、温度を低く保つために睾丸を体の外に出して、ダランとぶらさがっています。

せっかく高温にならないようなからだのしくみなのに、きつい下着やジーンズでしめつけたり、自転車のように
陰部を圧迫するとせっかくつくられた精子が劣化してしまうそうです。

また群れると温度も上がるので、とくにな夏場はトランクスにしてできるだけ風通しを良くすることが必要です。


■適度な性生活

排卵日のために禁欲して精子を出さないのは、時間がたつほど元気のない精子がたまっていくので逆効果。2~3日おきくらいにセックスをしたほうが、新しい精子がどんどんつくられ、活性化されるので妊娠しやすくなるそうです。しばらくセックスするチャンスがなかった場合には、排卵日の4日前に一度射精したほうがいいということです。


■メタボにならない食事

肉ばかりでなく、野菜や魚をたくさんとって、バランスのよい食生活。基本はメタボにならない食事。

漢方で考える男性の性機能を向上させる食品としては、にら、かぼちゃなどがあり、種は生薬にも使われ、精力を強くするといわれているので、いまひとつ元気が出ないときには、かぼちゃの種や松の実、くるみなどのナッツ類をいって食べるのがいいらしいです。


■睡眠はたっぷりと

睡眠不足だと体が疲れるのと同じように、精子の元気もなくなり、奇形率も高くなってしまうそうです。

精子の状態は全体的な体調に左右されてしまうので、充分な睡眠を。必要な睡眠時間には個人差があるので、何時間寝なければいけないというわけではないですが、朝すっきり起きられるかどうかがポイントです。

■お風呂はぬるめに

精子を元気に保つには、温度を低く保つことが大切。熱いお風呂やサウナに長時間入っていると、せっかくつくられた精子の質を低下させてしまいます。

「子宝の湯」などの温泉もありますが、子づくりの4~5日前からはなるべく避けるか、お湯につかる時間をできるだけ短くしましょう。お風呂は38℃くらいのぬるめが理想。シャワーだけでも充分です。
プロフィール

male_infertility94

東京の病院の泌尿器科で働く男性不妊専門医です。よろしくお願いいたします。

東京の病院の泌尿器科で働く男性不妊専門医です。よろしくお願いいたします。
ギャラリー