精液検査を受けるためには、いくつかのポイントがあります。
検査前に2~5日くらいの禁欲期間が必要といわれていよすが、これは検査を行う医療機関の指示に従ってください。

また、精液を採取する際には、手指をきれいに洗い、マスターベーションで精液の全量を指定された容器に直接射精します。

性交途中で、射出は容器には全量採取できないこともあるので、指定された容器に直接射精できる体制をとり、その後は素早く、きちんと蓋を閉めます。

採精は自宅?病院?検査には、自宅で採取した精液を持って行く方法と病院内で採取する方法があります。どちらの結果も、大きな差は出ないとされていよすが、通院に1~2時間以上かかる場合には、院内でと言われると思います。

また、検査は自宅採精が可能でも、病院の方針で人工授精や体外受精の場合には、院内採精でというところもありますので、この場合は指示に従ってください。


精液検査の注意例


●精液採取、運搬(運搬方法、時間など)に関する説明を十分に理解する。

●2~5日程度の禁欲期間を設ける。

●採取場所は、院内のメンズルームを使用する。もしくは自宅で行う。

●採取前に手指を清潔にして、採取する容器に自分の名前が記載されているか確認をする(自分で記名することもある)。

●マスターベーションにて、精液の全量を指定された容器へ直接射出する。

●採取後、容器の蓋がきちんと閉まっているか確認する。

●指定された場所、または方法できちんと提出する。

※治療施設ごとで注意事項は変わるとおもいますので、その指示に従ってください。

精液検査の方法と精液検査キット|男性不妊専門医が監修


男性不妊の原因、精液検査と症状

※正常精液所見(WHOの下限基準悁,2010年)より

精液量:1.5ml以上

総精子数:3.900万個以上

PH:7.2以上

精子濃度:1 ml 中に1,500万個以上

精子運動率:運動精子が40%以上。前進運動精子が32%以上

正常形態精子:4%以上

生存率:58%以上

白血球:1ml中に100万個未満


正常精液:上の基準を満たすもの

乏精子症:総精子数が3,900万個未満

精子無力症:精子運動率が32%未満

正常形態精子:4%以上

奇形精子症:形態正常精子が4%未満

無精子症:射精液中に精子が無い