男性不妊専門医のブログ~男性不妊症の原因とその検査・治療のこと

男性不妊専門医のブログです。男性不妊の検査、治療などを紹介していこうと思います。

Category: 男性不妊の特徴の見た目

image_09
私が40歳、妻か37歳の時に結婚。遅い結婚だったので早く子どもが欲し くて、まず
妻が婦人科で診察を 受けました。

妻にはとくに障害となる ようなトラブルはなく、自然妊娠の可能性はあるとのこと。

その言葉を励みに半年ほどがんばったのですが、思うような結果が出ません。

最近は不妊の原因が男性にあることも多いと聞いたので不安になり、私も婦人科で精液検査を受けてみることにしました。

その結果、不安的中、残念なことに、私の精子の数が充分ではなく、動きもあまりよくないこ とがわかりました。

妻もショック でしたが、私はそれ以上にショック を受けていました。

1ヵ月ほど、子どものことは話題にせず静かに過ごしていた ら、妻が「漢方薬局に行ってみよ うか」と言いだしました。

雑誌で 男性不妊の記事を目にする機会があり、漢方も有効と晝いてあったらしいのです。

私も病院より薬局のほうが通いやすいイメージが あったので、試しに二人で行ってみることに。

中医学アドバイザーが、私の緊張をほぐすように、やさしく接してくれました。

生活の様子をきかれるうちに、自分が今までいかに健康を後回しにし た生活をしてきたかを気づかされました。

私は営業職という仕事柄、得意先や社内のつきあいも 多く、深酒になることも珍しく ありません。

食事も外食が多く、 ラーメンやどんぶりものをよく食べていました。そのせいで20代に比 べ、10㎏以上体重が増えていました。

中医学アドバイザーからのアドバイスは、まず生活の見直しでし た。

なるべく早く帰宅し、家でゆ っくり過ごし、睡眠を充分にとる こと。

食事も栄養バランスが悪く油っこいメニューが多いテイクアウ卜の弁当やインスタント食品は避 け、妻の手作りの食事を食べること。

妊娠力の基礎になる体力づくりのため、卵や肉、魚などの良質のたんぱく質をとることが大切と教えてもらいました。

酒もほどほどにし、休肝日を設けることに。
酒が好きな 私にはつらいことでしたが、実際に始めてみると酒を飲まな い日はぐっすり眠れて、疲れが取れやすかったです。

漢方薬も飲むこととにしましたが、私は腹が壊れやすく漢方を飲むと下痢になり匂いも苦手でした。なにかいいものはないかと探していた時に妻が男性用のサプリメント、男性用妊活サプリメント マイシード-亜鉛配合-for Menを探してきてくれました。

漢方と違って匂いもなく飲みやすかったので飲み続けることにしました。

半年ほどたったころから、朝、 目覚めがよくなり、冷えが改善されてきました。

セックスも以前は疲れてできないことが多かったのですが、回数も増えてきました。

泌尿器科で3回目の精液検査をしたとことろ結果は正常値をこえるところまでになっていました。

泌尿器科の先生にも全く問題なしと言われました。

そして男性用妊活サプリメント マイシード-亜鉛配合-for Menをのみはじめて 1年たったとき、妻が妊娠しました。

半信半疑で、胎児の写真を見えるまでは信じられませんでした。

一時期、切迫早産の危険がありましたが、それほど深刻な事態にならず出産は安産で、子どもが生まれた瞬間、涙を流して喜びました。

image_01
WHO(世界保健機関)の調査によると、不妊症の原因は41%が女性のみ、24%が男性のみ、11%が原因不明です。つまり男性に不妊症の原因が見つかるカップルが約48%となりますので、不妊症の検査は夫婦ともに受けることが望ましいと考えられます。

しかしながら、大半はまず妻が婦人科を受診し、さんざん女性側の検査が進められます。女性側に何も異常が見つからない際に、はじめて夫の精液検査を行い、異常が認められると男性不妊症と診断されます。

一般に男性は不妊治療に対して非常に消極的です。全く痛くない精液検査ひとつとっても、妻が説得に説得を重ねて、ようやく採取していただいているのが現状です。それも、自宅で容器に採取したものを、奥さまが一人でクリニックに持って来られるケースがほとんどです。

クリニックによっては夫の診察を勧めることさえしないところも多いのではないでしょうか(ほとんどの婦人科の医師は男性不妊に詳しくないのが現状です)。他院の泌尿器科を勧められたとしても、かつては「泌尿器科」という、性病を連想させる名前に気後れして、受診する割合は極めて低いものでした。

こういった態度を許してきた背景が日本にはあり、いきなり変化を求めても上手くはいきませんが、やさしく妻思いの男性が増えてきたのか、男性不妊外来を受診される方が少しずつですが増えてきています。

まだほとんどが婦人科医師からの紹介で、妻側に不妊となる原因がないから……と仕方なしにご主人が来られるケースですが、治療が功を奏するケースも増えてきています。男性側の原因は多岐にわたります。脳から副腎、精巣、精巣上体、精管、精嚢、前立腺、陰茎(ペニス)、尿道までこれらの中にさまざまな原因が考えられます。

また前立腺に炎症があると精液中に白血球が大量に出てきて、膿精液症という病態となり、男性不妊の原因となりえます。陰茎が十分な硬さにならない勃起不全(ED)もれっきとした男性不妊の原因です。

さらに射出された精液内に精子が1匹も存在しない「無精子症」や数が少ない「乏精子症」、運動精子数が少ない「精子無力症」などなど、非常に多くの原因があります。

↑このページのトップヘ