男性不妊専門医のブログ~男性不妊症の原因とその検査・治療のこと

男性不妊専門医のブログです。男性不妊の検査、治療などを紹介していこうと思います。

男性不妊専門医

男性不妊とEDの原因

ペニスには海綿体がある。性的な刺激を受けると海綿体に血液が流れ込み、ペニスが膨張します。これが勃起です。

EDとは簡単にいえば、その海綿体に血液が流入しづらくなる状態にあることを指します。

加齢によって血管が萎縮してしまうことによって血液の循環が悪くなり、勃起に支障をきたすわけです。

これは加齢による老化現象であるため、男性なら誰にでも起こり得ることです。

問題は、老化の進行具合は人によって様々で、40代から始まった症状が止まることを知らずに進行してしまう男性もいれば、老化のスピードを遅らせることができる男性もいます。

その差はいったい何なのか。またその原因は?

EDの原因は糖尿病などの生活習慣病が原因のケースと、心因性ストレスなどのメンタルが原因のケースのふたつに分けられます。

「糖尿病を患うと動脈硬化が起き、血液の循環が著しく低下します。

また神経にも障害が生じ、脳が快感を感じてもペニスに伝達されないのです。その結果、勃起しなくなります。

厚生労働省が発表した2015年の調査によると、日本人男性の糖尿病患者数は176万8000人だそうです。この人数がイコールEDとは断一言できませんが、潜在的なED患者はかなりの数にのぽるとみていいと思います。

一方の心因性EDは、ストレス、不安、うつ病なとから起きる。なんとなく身体が重い、ダルい時に勃起しないというケースは心因性の場合が多く、例えば残業続きで心労が重なった日、売り上げノルマに不安を抱えている夜などに症状が出やすいそうです。

また、セックスしようとしたのに勃起しなかった、または中折れしてしまった経験などが一度でもあると、それがトラウマとなり勃たなくなってしまうこともあります。

こうした症状も、いわば不安が原因です。

「心因性でさらに厄介なのは、相手をする女性によっては勃起することもあり得る点です。

例えば。妻だけEDという症状があります。これは奥さんを前にすると萎えてしまうケースです。不謹慎な話ですが、奥さん以外ではみるみる元気になることもありえます。

男性のメンタルの複雑さが見て取れます。また、最近では若い頃にEDを患いそのまま熟年の年齢に達してまった男性も少なくないらしいです。

こうした人は誤った、または過度なオナニーが原因と考えられています。

「男性が自分の手で行なう白慰は、女性の膣内と比べてペニスを包む圧迫が極めて強く、快感も高いのです。

そうした自慰に慣れてしまうと、女性器に挿入しても物足りず萎えてしまいます。特にAVの刺激的な映像を鑑賞しつつ自慰をしていた世代には、こうした。マスターベーションEDの傾向がみられます」

その他にも、健康に良いからとスポーツタイプの自転車に乗りすぎて股間を圧迫し血流が悪くなります、通勤時にノートタイプのパソコンを膝の上に置いて下半身を温めすぎてしまった結果、勃起に支障が出るなど、EDの原因は日常に山ほどあります。

まさに現代の男性はEDと隣り合わせに暮らしているのです。

新鮮な精子の数を増やす方が妊娠につながりやすい

私たち男性の精子は、日々新しく作られています。

作られたけれど使われず、鮮度が落ちてしまった精子は、3~5日くらいで溶け、消えてしまう仕組みになっています。

人工授精などの不妊治療では、精子の濃度を高めるために禁欲することもあります。もちろん、禁欲すれば精液中の濃度は上がります。

でもそれは、鮮度の下がった精子が増えることでもあり、運動能力や遺伝子異常の割合を考えると、自然妊娠を目指す場合は禁欲をしない方が良いということがあきらかになってきています。

排卵日前のセックスの回数を増やすことで、出てきた卵子を待ちかまえている「新鮮な精子の数」を増やす方が妊娠につながりやすいようです。

また妊娠のために必要なのは、「女性の膣内で射精できるか」ということだけです。

疲労やストレスなどから性欲がわかなくなったり、セックスしても射精に行きつけないED気味の人が増えているのです。まずは疲労ケアやストレスケアなど、基本の健康管理をしつかりしておくことが大切です。

元気な精子をつくるには?|男性不妊専門医が監修

男性不妊の特徴

男性不妊の特徴として男性が日常的に使っているものの中で、男性ホルモンを抑えてしまう性質のものがあります。

その特徴とは育毛剤をつかっていること。男性型脱毛症は男性ホルモンの影響で起こるため、その治療に使われる薬は、男性ホルモンを抑えてしまう働きを持ったものもあります。

フィナステリドを主成分とした育毛剤では、性欲減退や精子の数の減少といった副作用の報告があるので、妊活中は使用しないようにすることがいいようです。

また男性不妊の特徴として筋肉増強剤を使っている男性です。筋肉増強剤の中にはテストステロンによく似た作用があり、これを飲むとテストステロンは十分に足りていると脳が勘違いをして、分泌を抑えてしまいます。


しかも精子をつくるのに必要なFSH(卵胞刺激ホルモン)も低下させてしまうため精子がっくられにくくなり、やがて睾丸が萎縮して小さくなってしまうわけです。

人差し指より薬指のほうが長いと「男らしい」
人差し指と薬指の長さを比べてみてください。まず利き手の手のひらを見て、人差し指と薬指、どちらが長いか、「薬指のほうが長ければ、生殖能力が高い」といえるそうです。

これは、「2D/4D比」という研究からわかったことです。

2Dとは、親指から2番目の指という意味で人差し指のこと、4Dは親指から4番目の指という意味で薬指のことをさします。

この薬指の長さは、胎児期にどの程度テストステロン(男性ホルモン)を浴びたか、その量によって決まります。

だから人差し指より薬指の長い男性ほど、テストステロンの数値が高く、いわゆる「男らしい」傾向があるようです。
 

精液検査の受け方、採取方法

精液検査を受けるためには、いくつかのポイントがあります。
検査前に2~5日くらいの禁欲期間が必要といわれていよすが、これは検査を行う医療機関の指示に従ってください。

また、精液を採取する際には、手指をきれいに洗い、マスターベーションで精液の全量を指定された容器に直接射精します。

性交途中で、射出は容器には全量採取できないこともあるので、指定された容器に直接射精できる体制をとり、その後は素早く、きちんと蓋を閉めます。

採精は自宅?病院?検査には、自宅で採取した精液を持って行く方法と病院内で採取する方法があります。どちらの結果も、大きな差は出ないとされていよすが、通院に1~2時間以上かかる場合には、院内でと言われると思います。

また、検査は自宅採精が可能でも、病院の方針で人工授精や体外受精の場合には、院内採精でというところもありますので、この場合は指示に従ってください。


精液検査の注意例


●精液採取、運搬(運搬方法、時間など)に関する説明を十分に理解する。

●2~5日程度の禁欲期間を設ける。

●採取場所は、院内のメンズルームを使用する。もしくは自宅で行う。

●採取前に手指を清潔にして、採取する容器に自分の名前が記載されているか確認をする(自分で記名することもある)。

●マスターベーションにて、精液の全量を指定された容器へ直接射出する。

●採取後、容器の蓋がきちんと閉まっているか確認する。

●指定された場所、または方法できちんと提出する。

※治療施設ごとで注意事項は変わるとおもいますので、その指示に従ってください。

精液検査の方法と精液検査キット|男性不妊専門医が監修


男性不妊の原因、精液検査と症状

※正常精液所見(WHOの下限基準悁,2010年)より

精液量:1.5ml以上

総精子数:3.900万個以上

PH:7.2以上

精子濃度:1 ml 中に1,500万個以上

精子運動率:運動精子が40%以上。前進運動精子が32%以上

正常形態精子:4%以上

生存率:58%以上

白血球:1ml中に100万個未満


正常精液:上の基準を満たすもの

乏精子症:総精子数が3,900万個未満

精子無力症:精子運動率が32%未満

正常形態精子:4%以上

奇形精子症:形態正常精子が4%未満

無精子症:射精液中に精子が無い

男性不妊の検査はどこで?男性不妊専門の病院、泌尿器科

男性の精液検査は、不妊治療を行う施設はじめ、泌尿器科で受けることができます。

ただ、検査後に不妊治療が必要となることも念頭に置いた場合は、夫婦で不妊治療を専門に行う施設で、揃って検査を受けてもいいとおもいます。

ただその検査で男性に不妊原因があると診断された場合には、さらに男性の治療や手術が必要となり、泌尿器科を受診する必要がでてきます。

通院先の院内に泌尿器(男性不妊専門)外来があれば院内で、あるいは連携する泌尿器科、または男性不妊専門のクリニック、専門外来のある病院、もしくは泌尿器科医の生殖医療専門医のいるクリニックなどへ受診することになります。

最近では、スマートフォンのアプリで射精精液中の精子を見ることもできますので、自分白身の状態を知るきっかけとして活用してみるのもいいかもしれません。

しかし、精液検査は、精液量や精液量に対する精子の数(精子濃度)などの数値も大切ですが、生きている精子
がどれくらいいるのか(生存率)、そして子宮、卵管へと泳いでいける精子(運動精子)がどれくらいいるのか、質を診ていくことも重要みたいです。(精液量や精子濃度などがわかっでも、運動精子が少なければ自然妊娠は難しい問題となってくるから)

男性不妊の検査は精液検査を早めに受け、必要に応じて泌尿器科などの紹介先等で触診やエコー検査、血液検査などを専門的に受けていくのがいいと思います。


精液検査は、不妊治療を行っている産婦人科で受け付けていますが、男性は産婦人科に行くことに大きな抵抗を感じると思います。精液検査だけであれば本人が病院に行かなくてもよい方法(自宅で採取してパートナーが持参)もあるので確認してみると良いと思います。

また男性の精子は、生活習慣やストレスの影響をとても受けやすいです。「検査を受ける」ということだけでもプレッシャーを感じて精子の質が悪くなることもあります。だから、検査を受ける場合は、1回の検査結果だけを見て落ち込む必要はないということを知った上で検査に臨んでください。
プロフィール

male_infertility94

東京の病院の泌尿器科で働く男性不妊専門医です。よろしくお願いいたします。

東京の病院の泌尿器科で働く男性不妊専門医です。よろしくお願いいたします。
ギャラリー