ペニスには海綿体がある。性的な刺激を受けると海綿体に血液が流れ込み、ペニスが膨張します。これが勃起です。

EDとは簡単にいえば、その海綿体に血液が流入しづらくなる状態にあることを指します。

加齢によって血管が萎縮してしまうことによって血液の循環が悪くなり、勃起に支障をきたすわけです。

これは加齢による老化現象であるため、男性なら誰にでも起こり得ることです。

問題は、老化の進行具合は人によって様々で、40代から始まった症状が止まることを知らずに進行してしまう男性もいれば、老化のスピードを遅らせることができる男性もいます。

その差はいったい何なのか。またその原因は?

EDの原因は糖尿病などの生活習慣病が原因のケースと、心因性ストレスなどのメンタルが原因のケースのふたつに分けられます。

「糖尿病を患うと動脈硬化が起き、血液の循環が著しく低下します。

また神経にも障害が生じ、脳が快感を感じてもペニスに伝達されないのです。その結果、勃起しなくなります。

厚生労働省が発表した2015年の調査によると、日本人男性の糖尿病患者数は176万8000人だそうです。この人数がイコールEDとは断一言できませんが、潜在的なED患者はかなりの数にのぽるとみていいと思います。

一方の心因性EDは、ストレス、不安、うつ病なとから起きる。なんとなく身体が重い、ダルい時に勃起しないというケースは心因性の場合が多く、例えば残業続きで心労が重なった日、売り上げノルマに不安を抱えている夜などに症状が出やすいそうです。

また、セックスしようとしたのに勃起しなかった、または中折れしてしまった経験などが一度でもあると、それがトラウマとなり勃たなくなってしまうこともあります。

こうした症状も、いわば不安が原因です。

「心因性でさらに厄介なのは、相手をする女性によっては勃起することもあり得る点です。

例えば。妻だけEDという症状があります。これは奥さんを前にすると萎えてしまうケースです。不謹慎な話ですが、奥さん以外ではみるみる元気になることもありえます。

男性のメンタルの複雑さが見て取れます。また、最近では若い頃にEDを患いそのまま熟年の年齢に達してまった男性も少なくないらしいです。

こうした人は誤った、または過度なオナニーが原因と考えられています。

「男性が自分の手で行なう白慰は、女性の膣内と比べてペニスを包む圧迫が極めて強く、快感も高いのです。

そうした自慰に慣れてしまうと、女性器に挿入しても物足りず萎えてしまいます。特にAVの刺激的な映像を鑑賞しつつ自慰をしていた世代には、こうした。マスターベーションEDの傾向がみられます」

その他にも、健康に良いからとスポーツタイプの自転車に乗りすぎて股間を圧迫し血流が悪くなります、通勤時にノートタイプのパソコンを膝の上に置いて下半身を温めすぎてしまった結果、勃起に支障が出るなど、EDの原因は日常に山ほどあります。

まさに現代の男性はEDと隣り合わせに暮らしているのです。